初のツーリング

鍋谷峠
職場で勝手に作っている自転車部の初めてのツーリングを行った。自転車部と言っても自分たちで勝手に名乗っているだけで、職場から認められているわけでもなく、単に物好きが集まっただけだし、そもそも誰がメンバーなのかも怪しい状態だ。そんな中、このいい加減な自転車部でツーリングをしたいと思い走る道を探していると、一番活動から遠ざかっておりやる気のすっかり無くなった部員が、意外なことにツーリングの話に乗ってきた。
せっかくのやる気を削いではいけないと思い、大慌てでルートを造って日にちを先に設定して無理矢理ツーリングの企画を立てた。ルートは大阪南部に集合し、鍋谷峠を越えて和歌山県に入り、奈良県に向かって走った後、水越峠を越えて再度大阪府に入ると言うコース。約90kmの予定だった。
自転車通勤 鍋谷峠
ところが、経験不足と言うものは至る所でトラブルを巻き起こすことになるようで、まず私が最初の集合時間に遅れてしまった。自転車通勤で職場との往復がほとんどだったので何を持っていっていいのか、何は持たなくで良いのかが判らない。車とかオートバイであれば、迷った場合は持っていくべきだと思うが、可能な限り荷物を少なくしたいので本当に必要なものだけに絞りたかった。そんなこんなで荷物の選択に悩んでいるうちに30分の遅刻となった。
そして最初に合流した後輩と集合場所を目指したのだが、この時点で最初の失敗を犯す。最終的に全員が集まる集合地点までは車で走ったことの有る道だし、道順とかは何とかなるだろうと思い地図を持たずに出発した。車に積むような分厚い地図しかなかったと言うのも理由の一つだが、手軽な地図を用意しておくべきだった。案の定道を間違えてまたまた集合時間に間に合わない。しかも自転車で走る時の距離感が掴めておらずいい加減だったので、とても間に合わないような時間設定だったことが後々判った。結局のところ、最初にやる気になった部員を炎天下の中2時間以上待たせたあげく、それでもまだ着かないことを伝えて全員でのツーリングは中断、解散となった。
あまりにもお粗末な結果にすっかりテンションが下がってしまったが、せっかくなのだからと思い最初の目的地でもある鍋谷峠までは走ることにした。幹線である170号線から峠に向かう道に入ってからは交通量も少なく、非常に走り易い道だった。ただ頂上に向かうにつれて道幅が狭い部分が多く、車では走り難いかもしれない。また、林のかなかを抜けていくので見晴らしの良い場所は無く、ただ細い山道を走るだけになってしまうので、あまり面白くないかもしれない。
自転車通勤 鍋谷峠

読んでいただいてありがとうございます。
もっと情報が欲しい人はこちらへ -> 人気ブログランキングへ

装備はコンパクトに

基本は手ぶら
先日の走行会でふとした時に気づいたのだが、自転車に慣れた方々の荷物が少なくサイクルジャージの背中にあるポケットに全て収まっている人がほどんどだ。と言うより、そのポケットに収まる程度の量にまとめているという言い方の方が正しいのかもしれない。私はオートバイ用のウエストバッグを持っていったのだが、よくよく見てみると大した物は入っていないし、工夫すればもっとコンパクトになるものばかりかもしれない。
例えば財布。何も考えずいつも使っている財布をそのまま持っていったのだが、自転車でツーリングをする事を考えると、ガソリンスタンドのカードは要らないし、スーパーのポイントカードも要らない。会社の身分証明書ももちろん不用だし、万が一の事を考えてもクレジットカードが1枚あれば事は足りそう。必要な現金もたかが知れている。
次は地図。激坂を登りきったところで次の目的地をどこにするか相談していた時、皆さんが取り出したのは小さく折り畳まれた地図だった。車などでのツーリングであれば分厚いロードマップを取り出したり、最近ではナビを使ってルート検索なんかするんだろうけど、自転車のツーリングではそんな重い物を持ち歩くわけにはいかないし必要も無い。1枚の地図があればなんとでもなるという感じだろう。逆に言うと地図の読めない人はかなり辛い思いをする事になりそうだ。
それからタオル。私は特に汗かきでは無いと思っているのだが、こんな季節なのでダラダラと汗をかく事になるだろうと思ってタオルを持っていた。休憩の時などに汗を拭っていたのだが、周りでそんな事をしている人はいなかったような気がする。皆さんどうしていたんだろうか。別にわざわざ拭く必要が無いと言えばその通りなのだが、普段の感覚でタオルを持っていったけれど、少しでも荷物を小さくするためには必需品という事ではないのだろうか、ちょっと不思議だった。
手荷物品の見直し
早く走るためだけの目的で軽量化しているわけでもないだろうけど、少ない荷物でツーリングをこなすのは手慣れた感じでうらやましい。キャンプなんかでも最小限の道具でテキパキと作業をする姿はちょっとカッコいいよね。
今回の走行会では必要の無い物をいっぱい持って行ってしまった感じがするので、一度装備の見直しをしてみようと思う。自転車に関係なく、全くの手ぶらで外出する事に慣れていないので、ポケットに収まる程度の量に抑えるのは何となく不安な気もするけれど、きっと使わないような物をせっせと持ち歩いているに違いない。
普段の自転車通勤の時には、着替えとかが必要なのである程度の大きさがあるリュックが要るけれど、ツーリングのときなんかは小さなウエストバックかジャージの後ろポケットかに収まるように考えて慣れていこう。
という事は、まずはサイクルジャージを買わなければ...

読んでいただいてありがとうございます。
もっと情報が欲しい人はこちらへ -> 人気ブログランキングへ

始めての事がいっぱい
最近お世話になり始めたユーロワークスという自転車屋さんが奈良の斑鳩にある。そのお店が初心者向けのサイクリング体験をする走行会を企画してくださった。自転車通勤で走っているだけなので複数での走行は経験した事が無いし、初心者向けという事だったので参加させてもらった。実際には本格的に経験を積んだ方もこられており最初はちょっと緊張したが、たくさんの事を経験する事が出来た。
あまりにも新しい事をたくさん経験できたので何から書いていいのか解らなくなるほどだが、やっぱり上級者と一緒に走る事は非常に勉強になる。単に後ろについて走るだけでも参考になる事がいっぱいある。
たとえはギアチェンジのタイミング、選択しているギアの重さ、ダンシングに入るタイミング、言い出したらきりがない。正しいとか間違っているとかの話では無くて、「へー、そうやって走るんだー」と思うところが多い。途中でボトルの水を飲むタイミングまでまねしてみたりして、なかなか興味深かった。
もし初心者の方で一人で走る事が多く、どことなしに閉塞感を感じている人がいたら、是非ともこのような走行会に参加する事をお勧めする。自転車に関する本を何冊も読むより、上級者と半日でも一緒に走ってもらう方がよほどためになる。本を読んでも解らない事をたくさん吸収する事が出来る事は間違いない。
激坂、またもや惨敗
当初の走行予定は20km弱を集団でのんびりと走るというものだった。もちろん上級者の方には物足りない内容なのでユーロワークスの裏山にある激坂へ行く事になった。つい先日葡萄坂で完敗した私だがビンディングシューズのデビュー日ということも有ったし、上級者の方がどんな登り方をするのか興味があったので付いていく事にした。足手まといで迷惑になるかもしれないと不安に思ったが、坂の距離は2kmほどという事なのでがんばってみる事にした。
私の結果は予想どうりの惨敗。頂上までに3回ぐらいは止まってしまったし、坂の途中での再スタート時に慣れないビンディングシューズと、脚が残っていないという情けない状況のために立ち転けまで経験する事が出来た。実際には立ち転けというより崩れ落ちたと言う表現の方が正しいかもしれない。恥ずかしいと思う余裕すら無かった。
途中3回以上も止まってしまったが、実力に見合わないスピードで登ろうとしていた事が判明した。脚力も心肺機能も不十分なのにオーバースピードで登れば途中で止まってしまうのは当たり前の事。でもこれも上級者と一緒に走って解った事でありがたく思っている。
今日の経験できたことはあまりにも多すぎるので、ちょっとづつ小出しにして書いていきたいと思う。
自転車の楽しみと自分の不甲斐なさを痛感したいい一日だった。

読んでいただいてありがとうございます。
もっと情報が欲しい人はこちらへ -> 人気ブログランキングへ

プロフィール

きっかけは職場から支給される交通費の減額です。タイミングよく小銭を手にすることができたので、友人に誘われてロードバイクの購入、そして自転車通勤へと発展して行きました。

初心者からのアドバイス

カレンダー

2019年10月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
   

カテゴリー

プロフィール

RSS FEED

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ